みのり耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科

043-464-4187
  • 〒285-0850 千葉県佐倉市西ユーカリが丘4-1-5
  • WEB予約はこちら

みのり耳鼻咽喉科

WEB予約
初診患者様も予約可能
アクセス

アレルギー性鼻炎
(レーザー治療、舌下免疫療法)

待合室

アレルギー性鼻炎(レーザー治療、舌下免疫療法)Medical

アレルギー性鼻炎といっても、2種類あります。
・通年性のアレルギー性鼻炎…ハウスダスト(ほこり)やダニなどが原因で一年中の鼻炎症状
・季節性のアレルギー性鼻炎(花粉症)…スギやヒノキ、イネ、ブタクサなどに代表される、春や秋の決まった時期のみの鼻炎症状

花粉症に関しては今や日本国民の4人に1人となっており、国民病とも言えます。
どちらも治療はまずは原因となる物質の回避が大事です。
ハウスダストやダニではよく掃除する、布団をよく干すなど、花粉症ではマスクやメガネでなるべく鼻から原因物質を吸い込まないように努力します。

その上で、下記のような治療が選択肢となります。
症状や生活状況などに合わせた治療を、受診をしていただきご相談した上で提案をしてゆきます。

薬物療法

内服薬や点鼻薬などを症状の重症度や生活環境に合わせて組み合わせます。症状の比較的軽い方には手軽で、最近では新薬もどんどん登場していますので有効です。
ただ、中止すれば症状が効果は無くなります。また、重症の場合は、複数の組み合わせでも症状の改善が難しい場合があります。

手術療法

当院ではレーザー治療が対応可能です。花粉症よりも通年性のアレルギーがあり、鼻づまりが強い方には特にお勧めです。鼻の中の下鼻甲介という部分の粘膜を焼き縮めます。手術は局所麻酔で日帰りで行えます。

アレルギー性鼻炎レーザー治療

舌下免疫療法

当院ではスギ花粉症およびダニアレルギーに対する舌下免疫療法が可能です。原因となるスギ花粉およびダニの抗原を錠剤としたものを毎日舌の下で溶かして飲み込みます。通年性アレルギー(ダニアレルギー)で一年中内服などでも鼻炎のコントロールが不十分であったり、花粉症の時期の症状が重症の方にお勧めです。慣れてきても月に1回の通院、少なくとも2〜3年の治療が必要になります。

スギ・ダニ舌下免疫療法

アレルギー性鼻炎レーザー治療

アレルギー性鼻炎レーザー治療

治療を行うには、3つのポイントについて事前に検査や相談をします。
そして、適応と判断された場合。症状が弱い時期(シーズンオフ)に手術を行うことが原則となります。症状がピークの時に行うと効果が出にくいです。

  • アレルギー性鼻炎と検査で診断されていること
  • 他の鼻の病気が原因でないこと(副鼻腔炎や鼻中隔弯曲症など)
  • 内服や点鼻治療だけでは症状の改善が難しいこと
治療

治療後は1~2週間程度は、焼いた部分の腫れやカスが出るため、通院での鼻の処置が必要になります。
鼻の中の状態が落ち着くと、鼻づまりだけでなく、くしゃみや鼻水の低減にも効果が期待できます。

  • 両鼻の中を局所麻酔液にてよく麻酔をします(20分程度)
  • 両方の鼻の下鼻甲介をレーザーで焼き縮めます。片側5分程度です。
  • 出血が無いかなどを確認し、帰宅していただきます。

スギ花粉およびダニ舌下免疫療法

通年性アレルギー性鼻炎(ダニアレルギー)またはスギ花粉症の症状が強く、内服や点鼻薬をしても症状がつらいという方にお勧めです。通年性アレルギー性鼻炎(ダニアレルギー)については小児では内服薬の選択肢も少なく、レーザー治療等の手術治療も困難であるため、期待される治療選択肢となります。
治療効果はどちらも7割程度の方に認められるとされています。
また、この治療のデメリットとしては治療を短期(1年以内)に終了してしまうと効果が早期に消失してしまうという点です。少なくとも3年間は月に1回の通院が継続的に必要になります。そこまで継続した場合には中止しても数年間は効果が持続されることが証明されています。
スギとダニ、両方の免疫療法を開始時期をずらして同時に行うことも可能です。

治療対象

5歳以上の小児または成人(65歳以下)でスギまたはダニのアレルギーが検査上診断されている方

治療できない方

・重症の気管支喘息をお持ちの方
・妊娠中の方
・膠原病などで全身的にステロイドを使用中の方

治療に注意が必要な方

・悪性腫瘍や免疫系の病気があり治療中の方
・心臓や肺に重症な病気がある、重症の高血圧症のある方
・非選択的β遮断薬、三環系抗うつ薬、MAO阻害薬を内服中の方

治療開始時期について

スギ花粉に対する舌下免疫療法についてはスギ花粉の飛んでいない時期(6月〜10月)が原則となります。
ダニに対する免疫療法は、比較的症状の落ち着いた時期に開始します。

1.

まず、受診をして鼻の中の状態をチェック、アレルギーの問診をします。検査によって、スギ及びダニなど他のアレルギーの有無を調べます。
治療を受けられない条件などに該当が無いかチェックします。
少なくとも3年以上継続していくことが可能か意思確認します。

2.

条件に問題がなければ治療を開始します。スギまたはダニ舌下錠を舌の下に1分程度保持し、その後溶けた唾液を飲み込みます。(1日1回)その後5分間はうがい・飲食禁止です。
初回のみアレルギー反応チェックのため院内で30分程度過ごしていただきます。
2回目以降はご自宅で投与可能です。2週間の間は徐々に舌下液の量や濃度が上がるため、週1回の通院が必要です。
3週目以降は問題がなければ毎日ご自宅で舌下投与を続けていただき、月に1回の受診となります。

3.

治療の効果を判断するには少なくとも半年かかります。また、治療効果を最大限に感じるためには少なくとも3年以上の治療継続が必要となります。