みのり耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科

043-464-4187
  • 〒285-0850 千葉県佐倉市西ユーカリが丘4-1-5
  • ご予約方法WEB予約はこちら

みのり耳鼻咽喉科

予約方法
(まずはこちら)
WEB予約
(当日分のみ)

ブログ

待合室

感染対策クリニック改修工事

まだヒノキの花粉症の方は多く見受けられますが、スギの花粉症がひと段落してだいぶ落ち着いてきました。昨年から今年にかけて少しずつですが、当院でも感染対策のための改修工事を少しずつ進めてきました。 パーテーションなどの目に見える感染対策の他、 ・呼び出しマイクシステムの設置 ・発熱症状などのある方の専用待合の独立換気システム ・衛生環境を保つためのファイバー洗浄機の増台 ・発熱外来患者用駐車場整備  ...

花粉症最盛期に考えること(舌下免疫療法)

皆様もご存知かと思いますが、本年は昨年に比較して花粉の飛散量が多く、重症患者様が多く見受けられます。 内服を2種類、点鼻薬などにしても目が痒い、鼻水が止まらないと状況に悩まされている方も多いのではないでしょうか。 昨年のように花粉が少ない年にはあまり感じませんでしたが、このようになってみると舌下免疫療法の威力を感じています。 花粉症が全くなくなるというわけではないですが、例年花粉症が酷かったのに、...

花粉症症状

コロナ感染症対策に日々追われる中、約2週間前ぐらいから花粉症かもと症状を訴えて来院される方が徐々に増加しています。 実際のところ、先週ぐらいからほんのわずかにスギ花粉は観測されていますが、もしかしたら現在の花粉症の原因はハンノキ(カバノキの仲間)の花粉症かもしれません。アレルギー採血をする方の中でもあまり調べられることがないかと思いますが、調べてみると意外と反応がある方がいます。スギよりもやや早く...

新年のご挨拶および新年からの予約システムの変更

新年あけましておめでとうございます。 昨年中は発熱外来など感染対策に多くの時間を裂いた一年でした。そんな中、多くの患者様に当院に来院をいただき、多くのお言葉を頂戴し、それをどう吸収し改善していくかスタッフ一同試行錯誤を続け、開院3年目を過ごしました。 5月に開院4年目を迎えるにあたり、新年はより受診しやすい環境づくりを目指し予約システムの変更、HP案内の改編、受付業務の改善などを年初より開始します...

ホームページ、予約システム改訂に向けて

12月になり、インフルエンザ予防接種を希望される方も減少傾向となってきましたが、まだまだ予約が埋まる状況です。そういった中、マスコミでもいくらか報道されていますが、本当にインフルエンザ患者が例年に比べ非常に少ない状況です。昨年の10分の1以下、当院ではまだ1人も検出されていません。 さて、当院は来年5月で開院3周年を迎えます。今まで沢山のお声を頂戴し少しずつお応え出来るよう、院内設備やお声がけ、ツ...

インフルエンザ検出

マスコミでもだいぶ騒がれている通り、コロナ患者が増加し始めました。 佐倉市でも学校などでもちらほら報告され始めています。 本年は例年よりインフルエンザの検出が遅れていましたが、ついにインフルエンザが市内で検出されています。 いよいよ、インフルエンザと新型コロナの同時流行が現実的なものとなりました。 さらに気を引き締めて当院では粛々としっかりと換気、感染対策をしながら発熱患者様の診療も続けて参ります...

漆喰のコロナウィルスに対する作用

読売新聞オンラインの記事です。 当院の壁、天井、全面に使用しています漆喰に新型コロナウィルスの不活化効果があることが記事になっていました。今、色々とコロナウィルス等の感染対策で院内壁面などの抗菌対策素材が売り出されていますが、当院は当初から抗菌対策していたことになります! 漆喰の強アルカリ性がカビや細菌に効果があることはある程度わかっていたことですが、抗ウィルス作用もあったとは驚きでした。 古き...

インフルエンザ予防接種の予約及び今後

9月14日より当院10月1日からの予防接種の予約受付を開始しました。 インフルエンザ予防接種のワクチン供給は、例年時期により入荷にムラがあります。 そのため、予防接種予約期間の全期間を最初から解放することが困難で、当院では予約患者様に接種できないということが生じないようワクチンの入荷数に合わせて徐々に開放しています。本年は、例年より当初の入荷数は多いとの情報です。 今年度は9月14日に10月1ヶ月...

インフルエンザ予防接種とコロナ

いよいよ10月よりインフルエンザ予防接種が始まります。今年はコロナウィルスもあり特別な年となります。 急な発熱があった場合に、インフルエンザの発熱なのか、コロナの発熱なのか判断がつきにくいことが予測されます。どちらも重症化すれば肺炎にもなります。 そのため、まだ確定していませんが、地域であったり政府から積極的にインフルエンザ予防接種を受けるよう助成制度などがあるようです。 当院でも少しずつですが、...

補聴器を使用してみた感想

先日当院で補聴器外来に協力いただいている会社から補聴器をお借りして実際に数日間装着してみました。 モードは、通常モードとノイズキャンセル強モードを選べるタイプの通常より少々ランクが上のモデルということです。 まず、通常モードで装着。確かに人の話し声がよく聞こえますが、それより目立つのが『サー』という’テレビの砂あらし’とかよく例えられるホワイトノイズです。あ、耳鳴りってこんな感じなのかなと感じま...
1 2 3 4 5 7