みのり耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科

043-464-4187
  • 〒285-0850 千葉県佐倉市西ユーカリが丘4-1-5
  • WEB予約はこちら

みのり耳鼻咽喉科

WEB予約
初診患者様も予約可能
アクセス

睡眠時無呼吸症候群(CPAP治療)

待合室

睡眠時無呼吸症候群(CPAP治療)Medical

睡眠は一般的に体や脳を休息させるために重要ですが、夜間寝ている間に、空気の通り道がアレルギー性鼻炎や扁桃腺が大きい、舌がのどに落ち込むなどで狭まってしまいいびきがひどく、充分に睡眠が取れない。睡眠中に呼吸が止まってしまう(無呼吸)などの症状を引き起こします。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時の無呼吸は短期的には、日中の眠気、頭重感。集中力の低下。交通事故。仕事上のミスの連発などが問題となります。長期的には高血圧、糖尿病、心不全、脳梗塞などの全身的な致死的な疾患のリスクが上がることが証明されています。その為にしっかりとした診断を受けて、必要であれば治療を行います。

無呼吸の程度が強いと、昼間の眠気が特徴的な症状となります。
睡眠時無呼吸症候群
  • 座って何かを読んでいる時眠ってしまう
  • 座ってテレビを見ている時眠ってしまう
  • 会議、映画館、劇場などで静かに座っている時眠ってしまう
  • 乗客として1時間続けて自動車に乗っている時眠ってしまう
  • 状況が許して、午後横になって休憩している時眠ってしまう
  • 座って人と話をしている時に眠ってしまう
  • 昼食をとった後(飲酒なし)、静かに座っている時に眠ってしまう
  • 交通渋滞で車を運転中に2,3分停車した時眠ってしまう

以上のうち5項目より多くしばしば認められる場合には、昼間の強い眠気と判断され、夜間にいびきや無呼吸が指摘されている場合にはご自宅での簡易型検査装置による検査が必要です。

簡易検査装置で高度の異常値(AHI40以上)が認められた場合、治療が必要となります。治療は、減量、CPAP療法、口腔内装置(マウスピース)、手術治療となります。それぞれ、良い適応がありますので、顔面のレントゲンやその他の検査と合わせて判断いたします。

当院では、簡易型検査装置による検査及び多くは入院での検査が必要となる精密検査であるPSG検査も可能です。
(入院での精密検査が良い場合もございます。)

睡眠時無呼吸症候群

PSG検査

また、睡眠時無呼吸症候群の最も有用な治療とされているCPAP治療も可能となっております。通常CPAP治療は機材をレンタルして自宅で使用し、月一回の通院時に使用状況のチェックと保険適用されたレンタル費用をお支払いただきます。(ご自身で機材を購入する場合はこの限りではありません。)

PSG検査

オンライン診療「クリニクス」

また、CPAP治療の定期通院について毎月の通院が困難な方にはスマートホンでの診察(遠隔診療)も可能ですのでご相談ください。(遠隔診療は現状保険で定められたルールがあり、定期的な対面での外来通院、遠隔診療による費用が必要となります。)

※CPAP定期通院につきましては、当院のWEB予約より別途専用の時間予約枠を設けており、お仕事などのご都合などで都合がつきにくい方でもなるべく待ち時間無くご案内できるよう心がけております。

CPAP治療中にて転居などによる転院を
ご希望される患者様へMedical

フィリップス

当院では現在下記の4社のCPAP機器の取り扱いがございます。

  • フィリップス
  • バイタルエア
  • フクダ電子
  • 帝人

転院等当院へのCPAP治療での通院をご希望される場合には、まず当院へお電話にてお問い合わせください。
受診日にご持参いただきます資料等のご説明をさせていただきます。