みのり耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科

043-464-4187
  • 〒285-0850 千葉県佐倉市西ユーカリが丘4-1-5
  • ご予約方法WEB予約はこちら

みのり耳鼻咽喉科

予約方法
(まずはこちら)
WEB予約
(当日分のみ)

鼻・喉の病気

待合室

鼻の病気Medical

鼻の病気

鼻は外鼻と鼻腔、副鼻腔によって出来ています。
鼻腔の内側には、上甲介・中甲介・下甲介のヒダがあり、血管に富んだ粘膜で被われていてヒダの間隙が空気の通路となっています。鼻腔にはこの通路を通る空気を暖め、湿気を与え、ほこりなどの異物をとり除き、さらに匂いを感じるといった重要な機能があります。

アレルギー性鼻炎患者は年々増加しており、また若年化しています。飲み薬だけでなく、レーザー治療。最近では免疫療法も広く普及し始めています。
当院ではいずれも対処可能です。また、アレルギーの増加に伴い、アレルギー性の副鼻腔炎も増加しています。
鼻が詰まるのみならず、匂いがわかりにくい、いつも喉に痰が貯まるなどの症状がある際にはしっかりとした検査をした上で治療が必要です。当院ではCT検査を行いしっかりとした治療効果の判断が可能です。

疾患Medical

急性鼻炎

急な‘くしゃみ、鼻水、鼻づまり’、いわゆる鼻風邪です。鼻水どめや炎症を抑える内服薬などで治療をします。どろっとした黄色い鼻水の場合には細菌の感染が疑われるため抗生剤も使用します。これに加え、ネブライザー治療を行うことで、内服と同様のお薬を鼻の中に行き渡らせることが可能で、症状をより早く治すことが出来ます。

アレルギー性鼻炎

くしゃみ、鼻水、鼻づまりが典型的な症状です。年々患者数は増加しています。スギ花粉症が有名ですが、ダニやほこりが原因の通年性アレルギーも多く見受けられます。似たような症状に血管運動性鼻炎があるため、まずは採血検査と鼻汁好酸球検査を行い、アレルギー性鼻炎なのか、アレルギーの原因は何なのかを調べることが重要となります。

治療は飲み薬、点鼻薬の併用。レーザー治療。症状を軽減するための舌下免疫療法が行われており、当院で実施可能です。

血管運動性鼻炎

くしゃみ、鼻水などのアレルギー性鼻炎に似た症状を認めますが、検査をすると明らかなアレルギーを示すものがありません。典型的にはやや高齢者で、急な気温の変化や食事時などに症状が出現するというものです。時に寒暖差アレルギーとも呼ばれます。特別に有効な治療法は確立されておらず、点鼻薬や抗アレルギー薬で対処することが多いです。

鼻せつ

鼻毛を抜いたあとや、湿疹や乾燥で痒みや違和感が生じていじりすぎた時に細菌の感染が起きて、鼻の入り口や鼻の頭が赤く腫れ、痛みがあるような状態です。抗生物質入りの軟膏および抗生物質などの内服にて治療をします。

萎縮性鼻炎

鼻の中の乾燥、鼻づまり感、多量の鼻くそ、時に悪臭の症状があります。副鼻腔炎などを長期に患っている、鼻の手術をした後、高齢者などで空気の通り道に最も影響する下鼻甲介という鼻の粘膜が萎縮し起きる症状です。特効薬は今の所は存在せず、点鼻薬や軟膏にて鼻内の保湿を行い症状を緩和します。

鼻腔異物

鼻の中におもちゃの部品、ビーズや豆などが入り込み取れなくなってしまった状況です。自宅で取れてしまえば良いのですが、なかなか難しい場合ご遠慮なく受診ください。ボタン電池は入れているだけで粘膜の障害が進行して行ってしまうため特に危険です。

急性副鼻腔炎

急性鼻炎が悪化し、両頬やおでこにある空洞(副鼻腔)まで炎症が及んだ状態です。炎症に加えて、膿性の鼻水が貯まります。症状は、鼻づまり、膿性の鼻水に加えて頭痛頬の痛みを認めます。小児では鼻の穴と副鼻腔をつなぐ仕切りの発達が未熟なため、大人に比較して副鼻腔炎になりやすい傾向にあります。抗生剤などにて速やかに治療を開始することで、慢性副鼻腔炎に移行しないことがほとんどです。

慢性副鼻腔炎

いわゆる蓄膿症です。症状は、くさい鼻水、鼻づまり、喉に常に痰がたまる匂いを感じにくいなどです。急性副鼻腔炎の治りが悪く長引いたり、アレルギー性鼻炎などで鼻の中の粘膜が常にむくんでいたりすることで、鼻の穴から各副鼻腔につながる道が塞がってしまい、副鼻腔に常に膿汁が溜まってしまったような状態です。
細菌による感染が原因となる場合が多いですが、近年では喘息に伴うもの(好酸球性副鼻腔炎)、カビの感染(副鼻腔真菌症)、カビに対するアレルギーが原因のものも多く見受けられるようになりました。いわゆる蓄膿症といっても、しっかりと原因を特定しその原因にあった治療が必要になります。慢性副鼻腔炎と思っても、時に乳頭腫や癌などの腫瘍などの場合があります。

診断には、採血、鼻のファイバー検査やレントゲン、CT、鼻汁の培養検査などが必要となります。
治療は内服治療を行い、改善が乏しい場合には手術治療が必要となります。
内服治療もやや特殊な治療で抗生物質(クラリスロマイシンなど)を通常の約半分の量で3ヶ月程度内服し続けるという治療を行います。

歯性上顎洞炎

鼻づまり、膿性の鼻汁、片側の頬の腫れ痛みが症状となります。腫れている頬側の奥歯の虫歯などの細菌が副鼻腔に入り込んでしまった状態です。レントゲンやCTにて診断をします。副鼻腔炎といっても、虫歯が原因となっているため、抗生剤などの内服治療に加え、歯科での歯の治療(時に抜歯)が必要となります。改善が不良の場合には手術治療となります。

副鼻腔真菌症

鼻づまり、膿性の鼻汁でいわゆる蓄膿症と症状はほぼ同じです。慢性副鼻腔炎の一種とも言えます。やや高齢の女性に多い傾向にあリます。カビ(アスペルギルスが多い)が原因であるので抗生剤を内服しても改善は困難です。診断はレントゲンでも困難でCT検査で特徴的となります。根本的に治す場合には手術治療が必要となります。時に急激な感染の悪化があると言われていますが多くは症状が軽度のことがほとんどです。年齢によってはそのまま経過を観察することがあります。

好酸球性副鼻腔炎

強い鼻づまり、匂いを感じにくいという症状が多く見受けられます。また、多くは喘息、アレルギー性鼻炎を伴います。鼻の中を見ると、膿性の鼻汁というよりは鼻茸(ポリープ)が充満していることが特徴です。治療も通常の慢性副鼻腔炎のような抗生剤では改善せず、喘息同様にステロイド薬が効果を発揮します。慢性副鼻腔炎と鼻の中の状況だけならば似ているため、採血やCTによる診断が大切です。
内服のみでのコントロールが難しい時は手術治療を行いますが、非常に再発しやすいという特徴があります。

鼻中隔弯曲症

鼻の真ん中の仕切りが左右どちらかに強く曲がった状態です。症状は鼻づまりです。少なからず左右どちらかにほぼ全ての人が弯曲を認めますが、程度が強い場合に症状を認めます。基本的に手術治療の適応となります。手術治療は成長期には行わないのが一般的です。

鼻出血

大人にも小児にも見受けられます。小児の場合はほとんどがキーセルバッハという鼻中隔(左右の鼻の仕切り)の手前側から出血していることがほとんどです。基本的にはその部位を綿やティッシュなどを鼻に詰めて、鼻の外側から圧迫することで止血が得られます。大人の場合には、さらに奥から出血している場合がありこの方法では止血困難なことがあります。止血困難な場合に、時に大きな病院に紹介受診していただいて、場合により入院・手術となる場合があります。 また、出血を繰り返している場合には、鼻の奥の腫瘍が原因ということが稀にありますので念のため鼻のファイバーやCT検査などで精査を行います。

鼻骨骨折

鼻を打撲した後に、鼻の線が曲がった鼻づまりが悪化した匂いを感じにくくなった、時にある方向を見ると物が二重に見えるなどが重要な症状となります。 診断は、レントゲンまたはCT検査となります。眼窩吹き抜け骨折が併発していることも多くあります。骨折の整復は受傷後1~2週間以内に行う必要がありますが、必ず必要とは限りません。骨折が重度でなければまずは腫れがひくのを待って、上記の様な症状が持続する際は行います。

眼窩吹き抜け骨折

鼻のみならずどちらかの目の近くを打撲した後に、ある方向で物が二重に見える片方の目が動かしにくいなどの症状です。こういった症状を認めた場合、鼻が詰まっても鼻を強くかんではいけません。状況が悪化することがほとんどです。診断は鼻骨骨折同様にCT検査にて診断します。骨折の状況によっては入院による手術治療が必要となります。

喉の病気Medical

喉の病気

のどの調子が悪くなったとき、耳鼻咽喉科と内科のどちらにかかれば良いのか迷う方も多いのではないでしょうか?
痛みや咳などののどの症状は、鼻の症状と関係していることもよくあります。
風邪のウィルスの多くは鼻の奥のアデノイドという部位または喉の粘膜に感染を起こします。鼻の奥、喉に直接的にネブライザーなどで治療を施すことができるのが耳鼻科の強みです。

また、小児ののどが痛いなどの症状では溶連菌感染やアデノウィルス感染など、周囲に感染を広めないためにも診断が重要です。
大人では声が長期にかれている、なんとなく喉にずっと違和感があるなどの症状ではしっかりと喉を内視鏡で観察することが大切になります。

疾患Medical

急性咽頭喉頭炎

いわゆる、のど風邪の状態です。痰の状態や扁桃腺の状態などでウィルス感染か細菌感染かなどを判断して治療を行います。薬を処方する以外に、ネブライザーにて直接薬を患部に作用させることで炎症を抑え、早く辛い症状が楽になる様にします。のどの奥の炎症だと、神経が刺激されて時に耳の奥の痛みとして感じることがあります。

溶連菌感染症

小児の発熱、のどの痛みが症状です。のどの痛みの多くはウィルス性によるのど風邪ですが、細菌感染である場合、溶連菌をもっとも疑います。時に心臓の弁や腎臓に合併症を起こすことがあるため、しっかりと診断をして治療することが大事です。当院で当日わかる検査も可能です。治療は、基本的な抗生物質の内服で速やかに改善することがほとんどです。また治療後に可能であれば一度尿検査をお勧めしています。

アデノウィルス感染症(咽頭結膜熱)

のどの痛み、目の充血、発熱が3大症状となります。夏風邪とも言われています。ウィルス感染なので治るまでには1週間程度要します。その間の辛い症状を和らげるためのお薬などを処方します。非常に伝染しやすいという特徴があるため、診断が大切です。当院では当日にわかる検査が可能です。症状が治まり2日経つまで出席停止となります。

急性扁桃炎

症状はのどの痛み、発熱です。
口蓋垂(のどちんこ)の両脇にある扁桃腺が細菌の感染で炎症を起こした状態です。抗生剤を使用し治療しますが、慢性扁桃炎などで繰り返している場合、なかなか治りにくいことがあります。悪化してしまうと、食事が困難となり入院となってしまったり、扁桃周囲膿瘍などの病気に発展してしまう場合があります。早めの治療が重要となります。

慢性扁桃炎(習慣性扁桃炎)

急性扁桃炎を繰り返している状況です。早期に抗生剤などでの治療が重要となりますが、繰り返さない様にうがいなどでの予防も重要となります。それでも、年4回程度以上繰り返してしまう、なかなか仕事など休めないのに急性扁桃炎で入院となってしまったなど手術適応となります。

扁桃周囲膿瘍

急性扁桃炎が悪化し、扁桃腺の周りに膿が溜まってしまった状態です。のどの痛みのみならず、食事不能、口が開かない、声が出しにくいなどの症状が伴います。膿を出してあげることで症状は改善しますが、ここまで進行してしまうと通常は入院となります。時に命に関わる重症となるため、急性扁桃炎のうちにしっかりと治療することが重要です。

扁桃肥大、アデノイド肥大

口蓋垂(のどちんこ)の両脇にある扁桃腺、鼻の奥にある咽頭扁桃(アデノイド)が大きくなり、鼻やのどの空気の通り道を狭くしてしまった状態です。鼻づまり、滲出性中耳炎、いびき、無呼吸の原因となります。3歳ごろから大きくなり、7、8歳で空気の通り道に対し占める割合が最大となります。
滲出性中耳炎を繰り返す、ご飯が食べづらく成長が悪い、夜間呼吸が止まっているなどの症状がある場合は手術して摘出の適応となります。

伝染性単核球症(EBウィルス感染症)

症状は扁桃炎と同じく、のどの痛み、発熱、だるさが主だった症状となりますが、顎の下や耳の下のリンパが腫れる場合が多くあります。また、肝臓や脾臓が障害されることもあります。基本的にはウィルス感染のため、1~2週間の安静治療となりますが、のどが痛く食事ができない、肝機能の数値が極端に不良でだるくて動けないなどの症状の際には入院治療となります。

急性喉頭炎

声枯れ、のどの乾燥感、咳などが症状となります。原因はウィルス感染であることが多いため、風邪の部分症状となることが多くなります。症状を和らげるお薬を処方します。声枯れや咳がひどい時は吸入を併用します。

声帯ポリープ

症状は声枯れです。のどぼとけの裏側に声を出すための声帯があります。ここに水風船(ポリープ)が出来てしまった状態です。無理な発声を繰り返したり、喫煙などが原因となります。声の安静や内服や吸入で改善することもありますが、改善に乏しい場合には手術して取り除きます。

喉頭腫瘍

声枯れが長く続く、タバコを以前でもある程度長期に吸っていたなどの症状がある場合には注意が必要です。一度当院にて喉頭ファイバーにて声帯の状態をチェックすることをお勧めします。声帯ポリープや声帯結節、時に喉頭癌の可能性があります。組織を取って検査が必要となる場合があります。

急性喉頭蓋炎

のどの奥の舌の付け根のところにあるヒダに炎症が強く起きた状態です。のどの奥が非常に痛い、声が出しにくくなってきたなどの症状が特徴です。非常に急速に症状が進んでしまうことがあり、時に呼吸困難を来たす非常に危険な病気です。

咽喉頭異常感

なんとなくのどがイガイガする、なんとなく痛いといった症状が比較的長く月単位で続く状態です。ストレスなどが原因となることもしばしばありますが、アレルギーや副鼻腔炎、逆流性食道炎、腫瘍などがないかチェックが必要です。
原因がある程度絞り込めれば、治療にて症状が軽減する可能性があります。まずは、受診をして検査することをお勧めします。

口内炎

通常は体調や栄養状態の悪化などで口の中の粘膜に傷ができ、それが治りにくい状態です。時に、ヘルペスなどのウイルスの感染や、特殊な病気の症状のひとつの可能性があります。また、口内炎を繰り返す、なかなか治らないといった症状から癌が発見されるケースがあります。通常の口内炎であれば、軟膏やビタミン剤で改善します。

口腔内乾燥症

耳の下、顎の下にそれぞれ耳下腺、顎下腺という唾液を作る工場が左右にあります。この機能が年齢や炎症などで落ちてしまい口の中が乾いてしまうことがあります。比較的高齢で女性に多く見受けられます。唾液を出す内服やうがい、漢方などで治療を行いますが、一般的に有効な効果が得られないケースが多い印象です。

味覚障害

栄養不足、ウイルス感染の後、貧血、別の病気などで薬を使用した後などに見受けられます。ほぼ原因のすべてで結果的に亜鉛の補充が必要な治療となります。約半年程度の比較的長い経過で約6割程度が改善を認めます。

唾石症

顎下腺という顎の下の唾液を作る工場内またはそこから口の中に唾液を出す管の中に石が詰まってしまった状態です。食事の時に片側の顎の下が腫れるというのが特徴的な症状となります。石が小さい場合には、炎症を抑える薬や痛み止めで自然と石が口の中に出てくることを待つことが可能です。石が大きく、何度も腫れる場合には手術をして摘出する場合があります。